がっちりマンデー感想 『僕たち上場しました!』 2017年6月18日放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
がっちりマンデー

久しぶりにTBSの番組「がっちりマンデー」の感想です。

これまでも毎週観てはいましたが、なかなか感想を書く時間がなく、、、

そんなわけで久々の更新となる2017年6月18日の放送は、年に一回の企画「僕たち上場しました!」でした。

最近、株式の上場を果たした3社の特集でした。

スポンサーリンク
336×280

僕たち上場しました!2017

今回放送のゲストは横澤夏子さんと東洋経済新報社の常務取締役・田北浩章さんです。

田北さんは放送ごとに見事に出世をしていて、今回はなんと東洋経済新報社のナンバー3にまで出世していました(笑)

特集された3社

毎年恒例の企画ですが、今年特集された会社は以下の3社。

  1. 株式会社やまみ
  2. 株式会社TKP
  3. WASHハウス株式会社

ちなみに、新規上場する会社が2016年は7年ぶりの減少となったようです。

今年もこのままのペースでは、そんな去年も下回りそうな状況だそうです。

株式会社やまみ

まず最初に紹介された儲かり企業は「株式会社やまみ」。

滋賀県甲賀市の会社で、2016年にジャスダックに上場しました。

作っている商品は、我々にとっても非常に身近な存在でもある「お豆腐」です。

豆腐製造では唯一の上場企業で、年間売り上げ95億円という儲かり企業です。

独自商品で儲かった会社

お豆腐といえば、1丁単位で打っているのが当たり前でしたが、このやまみでは普通サイズのお豆腐を小さくして3つセットとし、128円で販売。

これがおひとり様にうけて、なんと月に220万個も売れる大ヒットを記録!

その後も豆腐料理に特化した切れてる豆腐シリーズを販売。

最初から薄切りに切ってあるゴーヤチャンプルーにそのまま使える豆腐やマーボー豆腐にすぐに利用できる豆腐を販売して設けているそうです。

機械化してガッチリ

お豆腐は職人さんが早起きして作るイメージがありますが、これを機械化。

その結果、大量生産を可能にしました。

1時間に1万2000丁のお豆腐を作れる機械や、カットの工程を自動化した機械等が紹介されていました。

摩擦の少なくなる水中でワイヤーを動かしながら切ることできれいな切れ目で切ることができるなどの工夫があるようです。

高速厚揚げ容器格納マシン

そんな機械の中、私が最も感動したのが厚揚げを容器に格納する機械

これが非常によくできていて、普通に厚揚げを吸引しただけではやわらかい厚揚げは崩れてしまう。

それを解決するために、吸引ではなく逆に空気を吐き出して気流を作り、気圧を低くする事で全体を吸い上げるという機械でした。

発想の勝利ですね。

そういった機械化を導入することでコストダウンにつなげて業績を上げ、無事に上場に辿り着いた企業でした。

株価

そんな株式会社やまみの現在の株価は2,070円(2017年6月16日終値)。

上場してから最近になって株価が上がってきていますね。

やまみ株価チャート

株式会社TKP

続いての儲かり企業は、貸会議室事業でガッチリした業績を残している「株式会社TKP」。

今年2017年3月に東証マザーズに上場しました。

主な事業内容は会議室の時間貸し

業績は右肩上がりで、昨年売り上げはなんと219億円

全国に1800室以上の貸し会議室を持っているそうです。

都内でも結構TKPの貸し会議室は目につきますね。

そんなに需要があるのか?

この貸会議室事業ってそんなに需要があるのか?ってことで番組が密着したときには不動産関連会社がセミナーで利用していました。

受講者は結構いましたね。

気になる利用料金は、180人規模の人数が入る会議室で1時間39860円

机や椅子にも工夫があって、長時間の会議でも疲れないようになっていたり、広々と使えるようになっていたり、忘れ物がなくなるようになっていたりと独自のこだわりが所々に見られました。

貸会議室を利用する理由

貸会議室の需要が伸びている理由ですが、

大きな会議室は余り使わない

という理由が大きいみたいですね。

そんなたまにしか使わない会議室を持っているよりも、使うときに借りたほうが余計な費用が掛からないそうです。

準備の手間も省ける

TKPには照明スタッフや音響スタッフなどがいて、そんなスタッフの方々も一緒にレンタルできるため、会議室をレンタルした際の面倒な準備もお任せできるそうです。

さらに、TKPの子会社からケータリングの料理も頼めるため、会議室利用後の懇親会なども実施できるのも魅力的のようですね。

今後は保養所も

4月にお泊りウォーズで四季リゾーツの特集をやっていましたね。

そこで出てきた企業の保養所の話がまたここでも出てきました。

TKPも保養所の使用ライセンスを取得することで、平日には研修セミナー、休日はリゾートホテルとしての運営も行うようにしているようです。

現在、TKPの研修宿泊施設全国に10箇所あるそう。

まだまだいろんな展開を考えていますね。

TKPはなんの略?

ここで番組スタッフが素朴な質問。

TKPって何の略ですか?

これに以下のような回答。

  • タカテル・カワノ・パートナーズ
  • 東京・貸し・プレイス
  • チーム・革命・(with)・パッション

そんな中、今年遂にしっくりくる名前を見つけたそう。

それが、

トータル・空間・プロデュース

だそうです(笑)

株価

そんな株式会社TKPの株価は15,300円(2017年6月16日終値)。

なかなかすさまじい株価ですね。。。

こちらも上場してから順調に株価が上がっています。

TKP株価チャート

WASHハウス株式会社

最後に紹介された会社は、なんとなんとレオスキャピタルワークス銘柄のWASHハウスでした。

カンブリア宮殿でレオスキャピタルワークスが紹介されたときに一緒に紹介されていたコインランドリーの会社です。

2016年11月東証マザーズに上場しています。

九州を拠点に全国に展開しているコインランドリーで、現在の店舗数は415店舗、売り上げは31億円となっています。

コインランドリー業界初の上場を果たした会社です。

コールセンターを強化

カンブリア宮殿で紹介された内容と結構被っていましたが、WASHハウスの強みは機械の多さとコールセンターの充実。

店内のカメラを使って35台のモニターに利用者の状況などを映し出し、電話対応によって困っていることをしっかりと解決する部分に力を入れていました。

カメラのズーム性能もすさまじく、テーブルの上に置かれた衣類のタグをきれいに読み取るほどの性能です。

そうしたシステムを導入することで、無人なのに人がいるような対応を行うことができるという部分が強みのようですね。

株価

そんなWASHハウスの株価は4,810円(2017年6月16日終値)。

カンブリア宮殿でひふみ投信が投資していると放送されてからすさまじい勢いで株価が上がりました。

WASHハウス株価チャート

感想

カンブリア宮殿で見たWASHハウスがここでも紹介されるとは(笑)

しっかりと業績が上がっている証拠なんでしょうね。

そのうちガイアの夜明けなんかでも紹介されたりして(笑)

TKPの株価はちょっと高すぎますね。。。

今後成長するんでしょうが、この株価はなかなか一般の人には手が出ないんじゃ、、、

もっと一般人にも手を出しやすい株価の企業なんかを紹介してもらえると助かりますね(笑)

年 齢:32 家 族:妻と子ども1人の3人家族 普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。 どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280