カンブリア宮殿 ひふみ投信 藤野英人 感想 2017年2月16日放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
ひふみプラス
スポンサーリンク
336×280

レオス・キャピタルワークス 社長兼CIO 藤野 英人

脅威の運用成績を上げる伝説のファンドマネージャー

昨日放送されたテレビ東京の番組「カンブリア宮殿」。

私の好きな番組で毎週観ていますが、今回のゲストは『レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長』でした。

ひふみ投信」で有名な『レオス・キャピタルワークス』の社長さんです。

レオス・キャピタルワークスには私も「ひふみプラス」と「ひふみ年金」でお世話になっているので、今回の放送を非常に楽しみにしていました♪

今なら期間限定で番組をまるごと観れるので、見逃した方はお早めにどうぞ(笑)

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

スポンサーリンク



4年で資産が倍増 脅威の実績を誇る「ひふみ投信」

レオス・キャピタルワークスの看板商品でもある「ひふみ投信」ですが、その運用成績が抜群にスゴイです。

以下が純資産総額の推移ですが、本当に脅威のペースで資産が増え続けています。

  • 2013年121億円
  • 2014年250億円
  • 2015年533億円
  • 2016年1155億円

絵に描いたような倍々ゲームで増え続けています。

これは日本株ファンド全体で純資産総額の伸び率1位となっています。

番組冒頭ではこの「ひふみ投信」に投資をしているマダムの方々が笑いが止まらないとニッコニコになっていました(笑)

こんな大人気&凄まじい実績の投資信託のファンドマネージャーである藤野社長の投資法に迫る内容でした。

「くるみ」くるんで、守る。ひふみ投信のジュニア口座

藤野社長の投資法

この藤野社長の投資法は独特で、自らの”足”を使って全国の無名会社を回り、投資先を選定するというものでした。

今はどこの投資信託でもコンピューターを使用して投資先の企業を算出する方法をとっていますが、ライバルに差をつけるには別のやり方をする必要がある。

そこで、藤野社長は年間100社以上の無名会社を訪問し、将来の成長を期待できる中小企業を発掘、投資という手法で莫大な利益を得てきたそうです。

その手法で過去25年間で6000社もの経営者と出会い、今では少し話しただけで成長企業を見抜くことが出来るようになったと言います。

その6000社の中には今でこそ有名な「ユニクロ」や「ニトリ」、「セリア」なども含まれているそうなので、スゴイですね。

かつて、大塚家具が台場にショールームを開こうとした際にも、周囲の反対をよそに台場に通い続けて、その夜景を発見、「ここは大人気スポットになる」と確信し、大塚家具に投資⇒莫大な利益をえたという過去もあるそうです。

成長しない企業

訪問した際に、以下の点に当てはまる企業は今後の成長が見込めないそうです(笑)

晴れの日に入り口の傘立てが傘だらけ

  • 会社の入口にかさがいっぱいあるのは、片付ける人がいないから。
  • 会社で起きている事を自分の事として考えていない。

社内がスリッパ履き

  • 公私混同で、職場を家のように過ごしたいその姿勢が見えてくる。

社長が自伝を手渡ししてくる

  • 経営者が今を生きていない。過去を話す人は、過去の人。
  • 自伝を渡されたことが何度かあるが、その後成長した会社は殆んどない。

うちの会社、傘立ては傘だらけです(笑)

そして私、仕事中は基本的にサンダル履きです(笑)

日本人は「貯金貧乏」

これ、私も常日頃から感じていますが、日本人って本当に「投資」に対して消極的ですよね。

まぁ、一番お金を持っている世代が「バブル崩壊」、現役世代が「リーマンショック」と投資資金が一気に目減りするような状況が何度かあった影響なのかな?とは思いますが、それにしても「投資は悪」と考えている人がいたり、「減るのが怖い」と言っている人ばかりです。

周りの人たちにいくら投資を勧めてもほとんどやる人はいないですからね。

そんな日本人の現在の投資割合は「18.2%」という数字。

アメリカではその割合は「50%」を超えているそうです。

今や銀行の預金金利なんて0みたいなもの、、、それでも日本人は銀行にお金を預ける。

やっぱりリスクをとりたくないんですね。

でもATMでお金を下ろすときには利息でもらえる金利以上の手数料を支払う。。。

銀行によりますが、これってお金減ってません??(笑)

まぁ、いっか。。。

政府がNISAやジュニアNISAを作ってそういう預貯金を投資に向けさせようとしていますが、まだまだ日本人の投資への抵抗感ってあるんでしょうね?

もっと学校教育でしっかり資産運用について勉強させるべきだと思うんですよね。

ちなみに、藤野社長は高校の先生向けにそういう講演会を開いているそうです。

カンブリア宮殿で紹介された銘柄

そんなこんなで、カンブリア宮殿で紹介された銘柄で以下のものがありました。

今や超メジャーな企業はおいておいて、まだまだマイナーな企業。

  • 2016年11月に東証マザーズに上場したばかりの「WASHハウス」
  • 大ブレイク寸前企業として紹介された「秋田県 薬王堂」

その2社の放送後の株価推移が以下です。
WASHハウス

薬王堂

WASHハウスは情報漏れてたのか、放送に向けて上昇して放送後には材料出尽くしで大きく値を下げています。。。

薬王堂は放送翌日に大きく値を上げてスタートしましたね。

私は放送を観ながらPTS(時間外取引)で株価を観ていましたが、名前が出た瞬間に信じられない値段で買う人がいましたね(笑)

テレビの力はスゴイですね。。。

放送を観て

私はすでに微々たる額ですが証券口座で「ひふみプラス」、確定拠出年金で「ひふみ年金」の積立を行っています。

今回の放送を観て、その積立額を少し増やしてもいいかなぁなんて思いました。

やっぱり、どういう人がどうやって運用しているのかを実際に観れると安心感が増しますよね。

藤野社長にもっと投資してみたいと単純に思いました。

私も単純な人間なので、まんまとメディアの宣伝に乗せられています(笑)

ただ、放送では成功談ばかりで過去の失敗談には一切触れていないのがちょっと残念でしたね。

投資をする以上は必ず失敗もありそうなんですけど。。。

ひふみ投信の「自由つみたて」

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280