金貨についての豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
ウィーンハーモニー金貨
スポンサーリンク
336×280

金貨に纏わる習慣

子供への誕生日プレゼント

お子様の誕生日には何をプレゼントしていますか??

毎年、成長に応じてプレゼントするものって変わってきますよね?

スポンサーリンク

日本では馴染みのない習慣

人生の節目に

日本人にはあまり馴染みのない習慣ですが、世界では結婚や子供の誕生など、人生の節目に金を贈るという習慣が数多くあります。

スイスでは、毎年子供の誕生日には金貨を贈る習慣があります。

やがて子供が大きくなり、結婚するときに母親からそれまで贈った金貨をプレゼントするそうです。

もしも生活に困ることがあれば、その金を売ってやりくりしなさい。

という気持ちを込めて、贈るそうです。

赤ちゃんに金貨を握らせる

また、同じくスイスの話ですが、生まれたばかりの子供に金貨を握らせる習慣もあります。

生まれたばかりの子供に金貨を握らせるとその子は一生豊かに暮らせるという言い伝えがあり、そうしているようですね。

我が家は純日本人ですが

私は昔からこの話を知っていて、自分の子供にも同じことをしてあげたいと常々思っていました。

先日、そんな私にも第1子が産まれたので、毎年子供の誕生日に内緒でウィーンハーモニー金貨を贈ってあげようと思います。

現在我が家にあるのは、ティディベア金貨だけなのですが、一応、一生豊かに暮らして欲しいので、これも握らせようと思っています(笑)

昔、妻の誕生日に贈ったものです。

現在我が家にある金貨はこれしかないので(笑)

1/10オンスを予定

ただし、毎年誕生日に贈ると言っても、金貨の1オンスは31.1035グラムとなります。

現在購入しようとすると、約164,000円ほどかかってしまいます。

これを毎年贈れる程の経済力があればいいのですが、残念ながら今の私にはそんな経済力はありません。。。

そこで、当面は1/10オンスの金貨を贈ることを予定しています。

それなら、約18,000円ほどで購入できるので、そこまで無茶な出費ではなくなります。

もちろん、金相場は毎日値段が変動するので毎年の購入金額は変わります。

20歳の誕生日に贈ってあげる予定ですが、約36万円位の価値しかないんじゃ寂しいですかね?(笑)

将来的にはもう少し、大きい金貨を購入してあげられるように頑張ります。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280