2017年4月から貯蓄性のある保険商品の保険料が値上げ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
保険
スポンサーリンク
336×280

各社で値上げや販売停止の商品が

あまり、目にしませんが、保険料金が2017年4月から値上げされます。

また、貯蓄性の高い学資保険や終身保険、年金保険等の一部は既に販売停止となっています。

保険内容の見直しや新規契約を検討している方は、タイミングによっては保険料が異なってきますので、注意して下さい。

スポンサーリンク

保険料金値上げ・販売停止の理由

マイナス金利や日本国債の利回り低下の影響を受けるのは銀行だけではありません。

実は保険会社の主要な運用先は「日本国債」となっています。

日本国債の運用利回りが低下していることで、保険会社は予定した運用益の確保が難しくなりました。

また、契約者に約束する利率を決める際に目安となっている「標準利率」が2017年4月にこれまでの「1%」から「0.25%」に引き下げられることが決定しています。

その結果、現在の保険料では、現在契約している契約者との約束の利率が確保できなくなるため、今後新規に契約する保険の保険料を値上げして対応することになりました。

値上げ幅は?

保険料の値上げは具体的に1~2割の値上げと言われています。

値上げが行われる4月までに契約した商品は、契約時のままの支払いで大丈夫なので、安心してください。

あくまで、4月以降に新規契約する保険が対象となります。

現在契約している保険内容に納得していない部分があったり、見直しを検討されている方は、できるだけ早期に相談に行ったほうがいいかと思います。

同じような保障内容でも、ほんの数日違いで保険料が異なってくる可能性があります。

保険料の値上げ・販売停止の商品が出始めている

2016年4月以降、生命保険を取り扱う各社は、貯蓄性の高い商品の保険料の値上げ・販売停止を始めています。

今後も販売停止となる商品が出てくる可能性は高いです。

スポンサーリンク

すでに保険料が値上げされた商品

ソニー生命
  • 一時払終身(無告知型)

⇒2016年4月2日から

  • 養老保険(無配当)
  • 5年ごと利差配当付養老保険

⇒2016年7月2日から

  • 有期払込終身保険(無配当)
  • 生前給付保険(終身型)98(無配当)
  • 生前給付終身保険(生活保障型)(無配当)
  • 終身がん保険(08)(無配当)
  • 特殊養老保険(無配当)
  • 終身介護保障保険(低解約返戻金型)(無配当)
  • 5年ごと利差配当付終身介護保障保険

⇒2016年10月2日から

  • 変額保険(終身型)無配当

⇒2016年11月1日から

アフラック
  • 三大疾病保障プラン

⇒2016年11月2日から

  • 定期保険

⇒2017年3月2日から

メットライフ生命
  • 終身保険(引受基準緩和型)

⇒2017年2月2日から

  • 終身保険(低解約返戻金型)

⇒2017年3月1日から

すでに販売停止となった商品

マニュライフ生命
  • 「未来につなげる終身保険」通貨選択型一時払終身保険 ※円建て、契約年齢75歳~87歳のプラン

⇒2016年4月1日で終了

  • 「未来につなげる終身保険」通貨選択型一時払終身保険 ※円建てのプラン
  • 「未来につなげる終身保険」通貨選択型一時払終身保険 ※米ドル建・豪ドル建で契約年齢86歳~87歳のプラン

⇒2016年10月1日で終了

アフラック
  • 未来の自分が決める保険WAYS
  • 夢みるこどもの学資保険

⇒2016年4月1日で終了

  • アフラックの個人年金
  • 三大疾病保障終身保険※払込年齢60歳/65歳/70歳のプラン
  • 終身保険※60歳払込/65歳払込/70歳払込/10年払/15年払のプラン

⇒2016年11月1日で終了

  • 定期保険(85/90/95歳満期のうち保険料払込期間60/65/70 歳払済のプラン)

⇒2017年3月2日で終了

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 終身保険(無配当) ※一時払いのプラン

⇒2016年4月2日で終了

  • 個人年金保険(無配当)
  • 個人年金保険(有配当)

⇒2016年7月1日で終了

アクサ生命
  • 「LTTPフェアウインド」低払いもどし金型定期保険 ※払込期間20年未満のプラン

⇒2016年4月9日で終了

ソニー生命
  • 一時払終身(無告知型)
  • 5年ごと利差配当付養老保険 ※短期払いのプラン

⇒2016年5月1日で終了

  • 積立利率変動型終身保険(無配当)

⇒2016年10月31日で終了

  • 無配当学資保険(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型)

⇒2016年12月1日で終了

東京海上日動あんしん生命
  • 低解約返戻金型終身保険(無配当)「長割り終身」 ※払込年齢60歳未満のプラン

⇒2016年5月2日で終了

  • 「長割り終身」低解約返戻金型終身保険(無配当)
  • 個人年金保険 ※無選択加入特則付加のプラン

⇒2016年10月1日で終了

AIG富士生命
  • 「E-終身」低解約返戻金型終身保険(無配当) ※年払、半年払いのプラン
  • 逓増定期保険(無配当)
  • 「愛する家族のためにみんなの一時払介護保険」低解約返戻金型介護認定一時金給付保険(11)(無配当) ※一時払いのプラン

⇒2016年6月2日で終了

  • 「E-終身」低解約返戻金型終身保険
  • 「がんベスト・ゴールドα」無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2014)
  • 無解約返戻金型介護認定一時給付保険(11)

⇒2017年4月1日で終了

三井住友海上あいおい生命
  • 積立利率変動型終身保険 ※短期払い/前納のプラン

⇒2016年8月1日で終了

メットライフ生命
  • 終身保険(低解約返戻金型)※55歳払込満了/年満了プラン

⇒2016年10月31日で終了

  • 積立利率変動型終身保険(市場金利連動型)

⇒2017年2月28日で終了

オリックス生命
  • 終身保険

⇒2017年4月1日で終了

今後保険料が値上げされる可能性がある商品

以下の商品が2017年4月以降の保険料が1~2割ほど値上げされる可能性があります。

貯蓄性の高い、終身保険・年金保険・学資保険が対象となっています。

加入を検討されている方は、注意してください。

値上げが予想される商品

アフラック
  • 終身保険どなたでも
  • スーパー介護年金プランVタイプ

⇒2017年4月2日から

AIG富士生命
  • 終身保険
  • 定期保険
  • 優良体定期保険
  • 特定疾病保障定期保険
  • 生活障害型定期保険
  • 「さいふにやさしい収入保障」
  • 引受基準緩和型終身保険(低解約返戻金型)(2012)
  • 無選択型終身保険(低解約返戻金型)(2012)
  • 養老保険
  • 「さいふにやさしい医療保険」無解約返戻金型医療保険(2013)
  • 「医療ベスト・ゴールド」無解約返戻金型入院一時金給付保険(2015)

⇒2017年4月2日から

SJNKひまわり生命
  • 終身保険<無配当・利差配当>
  • 低解約返戻金型終身保険<無配当・利差配当>
  • 連生終身保険(自由設計型)
  • 特定疾病前払式終身保険
  • 無選択型終身保険
  • 定期保険<無配当・利差配当>
  • 無解約返戻金型定期保険
  • 特定疾病保障定期保険
  • 低解約返戻金型定期保険
  • 養老保険<無配当・利差配当>
  • 長期傷害保険
  • 利差配当特定疾病保障終身保険
  • 利差配当こども保険

⇒2017年4月2日から

オリックス生命
  • 「RISE」終身保険(低解約返戻金型)
  • 「With」特定疾病保障保険(2016)(終身・低解約返戻金型)
  • 「新RISE Support」引受基準緩和型終身保険(2015)
  • 「Relief W」七大生活習慣病入院保険
  • 定期保険
  • 「ロングターム7」低解約払戻定期保険
  • 新がん保険(2002)V型
  • 養老保険

⇒2017年4月2日から

東京海上日動あんしん生命
  • 長生き支援終身
  • 終身保険
  • 定期保険
  • 長割り定期
  • 特定疾病保障定期保険
  • 養老保険

⇒2017年4月2日から

ソニー生命
  • 長期平準定期保険(障害保障型)
  • がん入院保険
  • 平準定期保険
  • 平準定期保険(喫煙リスク区分型)
  • 低解約返戻金型平準定期保険(障害介護型)
  • 生前給付保険(定期型)98
  • 生前給付定期保険(生活保障型)

⇒2017年4月2日から

あいおい生命
  • 積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型)
  • 特定疾病保障終身保険
  • 定期保険
  • 無解約返戻金型定期保険
  • 特定疾病保障定期保険
  • 養老保険
  • 医療保険
  • 5年ごと利差配当付き 個人年金保険
  • 5年ごと利差配当付き 特定疾病保障終身保険
  • 5年ごと利差配当付き 養老保険
  • 5年ごと利差配当付き こども保険

⇒2017年4月2日から

マニュライフ生命
  • こだわり終身保険V2

⇒2017年4月2日から

まとめ

納得のいく内容で契約を

保険料の値上がりが迫っていますが、契約を焦って本来希望していない内容の保険を契約してしまっては元も子もありません。

新たに保険契約を行う際は、しっかりと内容を理解して納得のいく保険契約をしましょう。

保険相談は、保険会社の代理店で行うよりも、いろいろな保険商品を取り扱っている窓口で行うと、さまざまな商品を比較することができるので、そういった窓口の利用がおススメです。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280