ビットコイン、8月1日から一時取引停止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
ビットコイン

「仮想通貨」の代表格、ビットコインの取引が8月1日から一時取引停止となります。

国内で引き出しや受け取りを仲介する13の取引所が行う措置で、再開時期は未定となっています。

投機的な利用者が急増したことで値動きが激しくなっているビットコインですが、今回の措置でさらに激しい値動きとなることが予想されますので、取り扱っている方はご注意ください。

スポンサーリンク
336×280

運営業者の対立が引き金

ビットコインに関しては、運営業者の対立が続いていて、規格が複数に分裂する可能性が取り沙汰されています。

一部で、8月1日頃に規格を変更しようという動きがあり、市場が混乱する恐れがあります。

そのため、日本仮想通貨事業者協会は顧客の資産を守るために今回の取引停止措置を行うようです。

再開時期は?

今回の取引停止措置ですが、一時的な措置になるとのことですが、再開時期は現在のところ未定となっています。

この問題が8月4日午後4時までに収束しなければ、改めて再開見通しを発表する予定とのことです。

他の仮想通貨は取引可能

仮想通貨と言えばビットコインというくらい、ビットコインがメジャーになっていますが、ビットコイン以外にも仮想通貨は存在します。

そんな他の仮想通貨に関してはこれまで通り、取引が可能です。

あくまで、今回の措置は分裂が懸念されているビットコインが対象です。

対象は13の取引所

また、今回の一時取引停止となる取引所には、国内最大の取引所とされるビットフライヤーは入っていません。

ビットフライヤーは「必要があれば近く、対応を発表する」とのコメントを発表しています。

今回の取引停止対象となる取引所は以下の通りです。

  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • QUOINE
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • BTCボックス
  • テックビューロ
  • GMO-Z.comコイン
  • CAMPFIRE
  • ビットトレード
  • バイクリメンツ
  • 東京ビットコイン取引所
  • みんなのビットコイン

上記の取引所を利用されている方はお気を付けください。

まとめ

今回の問題は、まさに国・中央銀行という管理主体を持たない仮想通貨独自の問題点が浮き彫りになった問題ですね。

私はこれまで、何となく怪しくて仮想通貨には手を出していませんでしたが、こういうことが今後も起こると思うとやっぱり怖くて手を出せません。

今回の一時停止措置はとりあえず日本国内で行われるものですが、ビットコイン分裂による混乱を避けようという動きは世界でも出てきているようです。

そうなると、ビットコインの価値が急落なんてことも考えられますね。。。

しかし、国内では取引停止で売れず、、、資産を守るはずの措置が資産を目減りさせる措置になってしまう気がしなくもないです。

どちらかというと、取引所のシステムが対応できるかわからないから止めてしまおうという措置に思えてしまいます。

とにかく、ビットコインで資産運用をされている方は激しい値動きにご注意ください。

年 齢:32 家 族:妻と子ども1人の3人家族 普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。 どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280