ヤマト春闘、サービス見直しで妥結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
ヤマト
スポンサーリンク
336×280

時間帯指定一部廃止

荷物の急増と人手不足

荷物の急増や人手不足、再配達に伴う長時間労働などで苦しんでいた宅配最大手のヤマト運輸が労働組合と交渉し、荷物を受け取る時間帯を指定できる配達を見直し、再配達の受付時間を短くすることで妥結しました。


スポンサーリンク



制度変更の内容

新しい制度では、再配達の際に「正午~午後2時」の時間を廃止し、指定できなくなります。

また、「午後8~9時」という時間指定が廃止され、「午後7~9時」という時間指定に変更となります。

この時間指定を入れることで、「午後8~9時」に再配達が集中することを緩和することが期待できるとのことです。

この時間指定の変更は6月中に実施されるようです。

再配達の受付締め切り時間も午後8時から午後7時に前倒しとなります。

これは4月24日から制度変更がされます。

勤務間インターバル規制も導入

終業と始業の間に最低10時間の休息時間を確保するという「勤務間インターバル規制」も10月から導入することで決まったようです。

また、Amazonなどの荷物量が多い法人客との契約内容の見直しを行い、荷物量を適正な範囲に抑えることでドライバーの負担軽減を図るようですね。

一部商品の廃止やリニューアルも検討されるようです。

制度変更するなら

個人的には、この制度変更は全然ありだとは思うのですが、再配達時間を「7時~9時」とすると、結局8時到着を期待してその時間を指定する人たちが出てくると思うんですよね。

そういう人たちのところに7時に届けても当然不在。。。

ちなみに、私なんかは平日は7時には家に付かないので、奥さんがいない日は土日しか受け取れなくなりますね(笑)

そんな人はコンビニ受け取りに変更すればいいのか。。。

とりあえず、なるべく再配達とならないよう、一発で受け取る努力がサービスを受ける側にも必要ですね。

近くのヤマト運輸の営業所に直接取りに行けるようにしてくれたらいいのにな。。。

年 齢:32 家 族:妻と子ども1人の3人家族 普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。 どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280