酉年限定の御守り「勝幟守」を購入してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
勝幟守

浅草 鷲神社」で開催される御例祭「酉の市」で12年に1度の酉年限定で頒布される特別で非常にレアな御守り「勝幟守(しょうしまもり)勝札を購入しました。

浅草 鷲神社」では毎年開催される「酉の市」に幟旗を掲げています。

この幟旗は12年に1度の酉年の時に新調されるのですが、それまでの12年間、酉の市を見守り、無事平安を御守護頂いた幟旗をお守りとして奉製したものが勝幟守となります。

スポンサーリンク
336×280

限定6,000体の頒布

勝幟守」は購入したい方全員が手に入れられるわけではなく、限定6,000体の頒布となります。

3回開催される酉の市でそれぞれ2,000体ずつの頒布。

各日ともに、1日4回の授与時間があるので、手に入れるチャンスは合計12回あることになりますね。

残すは「三の酉」のみ

とはいうものの、今年の酉の市は3日開催されます。

日程は以下の通り。

  • 一の酉:11月6日
  • 二の酉:11月18日
  • 三の酉:11月30日

私が「勝幟守」を手に入れたのが「二の酉」なので、当然残るチャンスは「三の酉」の一回だけになります。

この御守りを手に入れたい方はぜひともチャレンジしてほしいのですが、、、

三の酉の11月30日は平日です。。。

平日仕事をしているがほとんどだと思いますが、厳しいですよね。。。

頒布時間

勝幟守」の頒布時間は以下の通りです。

これは全日程で共通です。

  • 0:00~:500体
  • 10:00~:500体
  • 15:00~:500体
  • 20:00~:500体

私は15:00~の回で手に入れました。

手に入れた当日の行動

私が手に入れた「二の酉」15時の回の行動です。

公式HPには

整列時間より前の列形成は近隣のご迷惑になりますのでおやめ下さい。必ずお時間をお守り頂くようお願い致します。

と記載されていたので、14時ちょっとすぎに神社に行って、時間までお祭りを見ていようと思っていたのですが、、、

神社に着いた時にはすでに長蛇の列ができていました。

番号札配布

15時になると並んでいる列に、係の方が番号札を配ってくださいます。

この番号札は整理券とは異なりますのでご注意ください。

番号札はこんな感じです。

勝幟守・番号札

私は500番中の308番でした。

この番号札を手にできれば必ず購入できるのでもうしばらく我慢です。

ちなみに、おそらく公式HPを真面目に見た方が14時30分くらいから一気に並び始めて、私の後方は圧倒間に終わりが見えないような列になっていました。

整理券と交換

番号札を持ったまま、さらに並び続けることになりますが、列が少しずつ進んで鳥居に近づいていきます。

そして、鳥居付近で、番号札と整理券を交換してもらえます。

整理券はこちら。

勝幟守・整理券

この整理券を手に入れたら、あとは大混雑の神社境内へ突入です。

授与

勝幟守」の交換場所ですが、下の画像の【B】の位置となります。

勝幟守受け取り場所

私は誤って通常の御守り購入の列に並んでしまいました。。。

ご注意ください。

また、会場内は大混雑状態で、この時点で列は一切関係なくなるのでご注意ください。

整理券さえなくさなければ購入できます。

慌てずに行動しましょう。

頒布

そんな苦労で手に入れた「勝幟守」はこちらになります。

勝幟守

今年を逃すと、次回の配布は2029年ですかね?

結構先になってしまいますので、この御守りを手に入れたい方は三の酉で確実にゲットしてください。

ちなみに初穂料は3,000円となります。

家族全員の幸せを祈願して、神棚に飾らせていただきました。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280