有楽町から移転、「ロフト史上最強店舗」となる銀座ロフトが6月23日にオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
銀座ロフト

今年、創業30周年を迎えた「”雑貨の百貨店“ロフト」が2017年6月23日(金)に銀座ベルビア館内へ『銀座ロフト』をオープンしました。

110店舗目となる「銀座ロフト」は、こだわりの「モノ」が揃い、新しい「コト」に出会い、発信する「ヒト」をコンセプトにしたフラッグシップショップとなります。

これまでのロフトとは異なる店内のレイアウトで、店内でさまざまな提案を行う次世代店舗に挑戦した店舗となります。

スポンサーリンク
336×280

営業面積約1,000坪の大型店

新たにオープンした銀座ロフトの営業面積はなんと「1,000坪」!

これは渋谷店に次ぐ広さとなるそうで、非常に広い営業面積となっています。

その広い営業面積を利用した、従来のロフトとは異なる買い物がしやすく開放感のある空間に仕上げた販売スペースも銀座ロフトの特徴となりそうです。

“普通”の雑貨店を脱却し「選ばれる店」を目指す

ロフトは近年、300坪程度の小型店舗を駅ビルや郊外の商業施設に広げて業績を上げ、年商1千億円の規模まで事業を拡げてきました。

ただその反面、利用者からは「“普通”の雑貨店」として捉えられ、ロフトのブランドイメージが薄れていたそうです。

そんな「“普通の”雑貨店」を銀座ロフトは脱却するべく、インテリアイメージから従来のロフトとは異なる、楽しく買い物ができる店舗となっています。

プロジェクションマッピングで雰囲気作りをした「傘売り場」

例えば、傘売り場には天井から雲のオブジェを10個吊るし、そこから糸を落として雨のイメージを作成。

そんなオブジェにプロジェクションマッピングで雨が降っているような演出を行って、顧客に雨の状況をイメージさせるような工夫をしてあります。

銀座ロフト_傘売り場

ロフトの従来の傘売り場は、照明を明るくしてただ傘を陳列していただけということです。

銀座店ではこのような雰囲気作りを重視して、楽しく買い物ができる工夫がされています。

5階にはペンシルバー

5階の鉛筆売り場は、「I love Pencil」をテーマに、世界中の鉛筆を集めたペンシルバーが登場しています。

これも、従来のロフトとは全く異なる商品の陳列方法で近年あまり利用されなくなってきている鉛筆をもう一度手に取ってもらえるような工夫がされています。

中には、この銀座ロフトでしか手に入らない鉛筆もあるそうです。

銀座ロフト_ペンシルバー

ちなみに、ペンシルバーには世界各地の鉛筆300種類・5000本が揃っているのでお気に入りの鉛筆が見つかるかもしれませんよ?

期間限定で「猿田彦珈琲」も

広い店内を歩き回って疲れた方は、4階に期間限定店舗として「猿田彦珈琲 POP UP SHOP」があるので少し休憩することもできます。

こちらの店舗は7月13日までとなっているので、利用したい方はお早めにどうぞ。

化粧品のお試しも

さらに、化粧品売り場では発売前の化粧品なども置いてあるお試しカウンターも登場しています。

女性には嬉しいサービスなんですかね?

どんな化粧品なのか一度利用してから購入したいという方には非常にいいサービスなのかもしれません。

毎日ここで無料でメイクをしてから出かけるなんてツワモノが出なければいいですが(笑)

銀座ロフト_コスメカウンター

まとめ

そんなわけで、銀座にオープンした「史上最強のロフト」。

従来のロフトとは大きく異なる、新しいロフトという感じがしました。

買い物があって寄る」という店舗から脱却し、「遊びに行く」という感覚の店舗なのかな?という感じです。

今後は、店内でワークショップなどのイベントも開催していくようです。

円周率ノートも販売

ちなみに、銀座ロフトでは話題の円周率ノートの販売しています。

史上最高の数学が解きづらいノート」を手に入れたい方はお早めに(笑)

円周率ノート

銀座ロフト情報

東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館3階〜6階

営業時間11:00〜21:00

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280