私がDODAのCMや広告に違和感を感じてしまう理由と過去の経験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

最近、転職サイト【DODA】のCMや広告をよく目にするようになりました。

まぁ、最近というよりは結構前から目にはしていたのですが、最近押し出している「条件は、今よりいい会社」というキャッチコピーにどうも違和感を感じてしまっているので、気になっている感じですね。

というのも、私自身3年程前に転職活動を行った時期があって、その時利用した転職サイトがまさに【DODA】だったのですが、、、

スポンサーリンク
336×280

とてつもなく強引

まず、私が【DODA】に持っているイメージは【強引】の二文字です。

会員登録の際に、「転職時期は急いでいない」とアンケートに回答したにも関わらず、翌日から土日祝日構わぬ電話攻勢で無理矢理担当のキャリアコンサルタントの方との面談がセッティングされました。

「いやいやいや、急いでないんだからこっちのペースでやらせてよ。」

と思ったのですが、いくら電話でそう言っても全く聞き入ってもらえず・・・

面談後もいろいろと強引に進められる

「とりあえず、キャリアコンサルタントとの顔合わせだけですから」

と言われたので、しょうがなく面談しましたが、そこでも一方的に「短期間で決めましょう」と言われて何社かの会社説明用の書類を見させられました。

しかも、私の業種についてあまり詳しくはない模様で、こちらが専門的なことを言うと訳の分からない回答をする感じ。

「いい会社」は「大きな会社」というような感じで話が進められました。。。

内定が出たが・・・

そんなこんなで、いろいろと【DODA】の主導で進められた転職活動ですが、活動開始からすぐに某大手企業から内定を頂くことができました。

しかし、提示された条件が、、、

現在の給与を下回るという厳しい内容。。。

さすがにこの条件では転職できないと伝えると・・・

もう相手には『行くつもり』と回答してしまったので困ります

という訳の分からないことを言われました。。。

そんなこんなで、入社するしないでしばらく揉めた過去があります。

※結果的に、「行かない」と通し続けて入社はしませんでした。

これに関しては担当のキャリアコンサルタントさんによると思うのですが、こういった強引な方に当たってしまうと厄介です。

こういった経験があったので、どうしても今のキャッチコピー【条件は、今よりいい会社】に違和感を感じてしまうんですよねぇ。

何をもって「いい会社」なのかというところでこちら側の意図をあまり汲み取ってくれないような気がします。

私が感じた違和感

ただ、私自身、他の転職サイトを利用したことがないので、もしかしたら他の転職サイトでも同様の実態があるのかもしれませんが、、、

キャリアコンサルタントとしてみれば、我々利用者をどれだけ企業側に売れるかが売り上げになるわけですから、そう考えると若干強引なのも仕方ない気はします。。。

というわけで、私が【DODA】を利用して感じた違和感(というか嫌だった点)をまとめてみました。

※あくまで私の体験談です。他の方は違うかもしれません。

土日祝関係ない電話攻勢

登録したらすぐに電話がかかってきます。

こちらが出るまで、何度も何度もかかってきます。

特に転職を急いでいないなどのこちら側の事情は聞き入ってくれません。

キャリアコンサルタントが上から目線

私の担当になった方に限った話かもしれませんが、基本的に上から目線という印象でした。

あまり私のいる業界について詳しくないっぽい感じなのに上から目線で接してくるので、たまにイラっとするときがありました。

1日に4社の面接をぶち込む

これ、結構体力的にも精神的にもしんどかったです。

朝から晩まで終日移動&面接という日を作られました。

だからこっちは転職急いでないんだって!

と心底思いました。

こちらの意見は無視

実際に企業の担当者と面接をして、こちらがいいと思った会社があったのですが、他に内定が出た会社の方が規模が大きいという理由で、そのいいと思った会社は諦めろと言われました。

※一応、1次試験OKの結果は出ていました。

よくよく聞いてみると、内定が出た企業側の回答期限が迫っているとのことでした。

どうしてもそちらに行かせたかったようです。

勝手に「行く」と回答

そしてこれが私が最も嫌だったことです。

毎月の給与ダウンに、希望していた仕事とは若干違う内容で大手企業から内定が出ましたが、なぜかもう行くことになっていました。

しかも、「行かない」と言っても「あちらも用意しているので、今更そんなことはできない」という訳の分からないことを言われる始末。

結局これでしばらく揉めることになりました。

結果的には(当たり前ですが)向こうが折れてくれて、その企業に行かずに済みました。。。

まとめ

以上のことが、私が【DODA】を利用して大変だったことです。

ちょっと前までは電車の広告で「今の会社に残った方がいいという選択をするのもプロの仕事」的なキャッチコピーになっていましたが、苦笑いしかできませんでした。

DODAで成功している方が多いのも事実

と、まぁ私の体験談だけを書いてみました。

結果的に私はうまくいきませんでしたが、【DODA】を利用して転職に成功した方が多いのも事実だとは思います。

こればっかりは担当のキャリアコンサルタントさん次第ですかね?

今転職を考えている方はいいキャリアコンサルタントさんに出会えることを祈っています。

転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

転職支援実績31万人!【リクルートエージェント】



年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメント

  1. tm より:

    わかります!私も全く同じ印象でした。広告業界出身としては、あまりにもお粗末なクリエイティブだなと。。正直。。なんかIndeedの広告っぽく明るくいきたかったのかな?みたいに思ったけど着地点が完全にミスってますよね。バイトっぽい印象。みんな本気で仕事するときに多方面から自分のために考えるはずですよね。なんかゆとり世代バカにしてんのかな?とか求人者の応募の壁を低くして自社にとりこみやすくなるから?とか
    じゃあ高いお金出してる企業はどうなるの?とかいっろいろ違和感ありました!

  2. furousyo109 より:

    tm さん

    コメントありがとうございます。
    やはり同じ印象ですか!?
    担当コンサルタント云々の話ではなく、会社としてそんな感じなんですかね?
    利用する方には本当に注意してほしいです。