ドコモがQRコード決済を導入予定!スマホ画面のQRコードで決済が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
d払い

NTTドコモが新しい決済サービスとして「d払い」を発表しました。

専用アプリをインストールするだけで利用可能となるサービスで、2018年4月から提供する予定とのことです。

スポンサーリンク
336×280

店舗でQRコードを読み取るだけで決済完了

このサービスを利用する上で、新たに何かに申し込む必要はなく、手持ちのスマホに専用アプリをインストールするだけで利用可能となるようです。

利用にあたっては、基本料金も無料なので、だれでも簡単に利用を開始することができます。

決済方法は3種類

サービス利用時の決済方法として選択できるのは以下の3種類。

  • 毎月の携帯料金に合算
  • クレジットカード
  • dポイント

クレジットカードとdポイントでの支払いが選択できるので、ドコモユーザー以外でも利用できるサービスとなりますね。

支払いに応じてポイントも貯まる

「d払い」で料金を支払った際は、支払いに応じてポイントも貯まるようになっています。

実店舗で利用した際は、支払金額200円(税込)ごとに1ポイント、ネットショッピングでは100円(税込)につき1ポイントのdポイントが貯まります。

支払いは店頭でアプリを起動し、表示されたQRコードかバーコードをPOSレジで読み取ることで完了するとのことです。

d払い_支払い中

ネットショッピングではPOSレジで読み取りという作業がないので、何か別の方法で決済するんでしょうね。

ローソン・マツキヨなどで利用可能

dポイントが貯まるコンビニとしてはローソンがありますが、このd支払いにももちろん対応するそうです。

さらに、マツモトキヨシ、高島屋、タワーレコード、くすりの福太郎、ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、ウエルシア薬局などでの導入がすでに決まっていて、今後は順次、加盟店を拡大していく方針とのことです。

ネットショッピングでは、現在の加盟店数は81社94サイトとのこと。

現在提供されている「dケータイ払いプラス」を「d払い」に変更するそうです。

中国ではQRコード決済が急拡大

中国では、AlipayやWeChatなどでQRコード決済が急拡大しています。

日本でも中国人観光客向けのAlipayの支払い用QRコードをよく見るようになりましたね。

今回のd払いとは逆で、中国で普及しているQRコード支払いは、店側が提示しているQRコードをユーザーが読み取るという方式になっています。

そうすることで、店舗側に新たな設備の導入費用が掛からないように工夫しているんですかね?

詳しいことはわかりませんが、店側の負担が少ないという点で急拡大したのかもしれません。

スマホ一つで何でもできる世の中に

最近はコンビニやスーパーなどで、電子マネーによる支払いに対応している店舗が増えてきている印象です。

私も何種類かの電子マネーを保有して、気が付けば現金で何かを購入するという機会が減ってきました。

電子マネーで購入すればお買い物ポイントやボーナスポイントが貰えるので、現金で購入するよりもお得に買い物ができますし、レジでのやり取りもスムーズですしね。

それが今後はいろいろな電子マネーの役割をするアプリが開発・公開されていって、ゆくゆくはスマホ一つでなんでも購入できる世の中になっていくのかもしれないですね。

すでに海外ではマイクロチップを体内に埋め込んで、マイクロチップで商品を購入できるサービスが展開されているようですし、、、

現金がほとんど必要なくなる方向に時代が進んでいますね。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280