2017年6月から改正酒税法によるビールの値上げが実施されます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
ビール

2017年6月より、酒税法の一部が改正されます。

改正内容は、ビール類を激安販売している量販店への規制というものです。

改正の目的は「個人商店を守るため」。

昨今、量販店がビール類の激安販売をしている影響で個人商店でビールが売れなくなり、店を閉めるというケースが多くなっていたそうです。

スポンサーリンク
336×280

「公正な取引の基準」導入で実質的な値上げへ

今回改正される酒税法によって、酒類商品の販売価格に対して「公正な取引の基準」を新たに設けました。

その「基準」が導入されたことで、量販店はこれまでのような値段での販売ができなくなり、実質的な値上げにつながるというものです。

なぜ量販店は激安販売できたのか?

改正の目的としては「個人商店を守るため」という今回の酒税法改正。

では、なぜ量販店はこれまで激安販売ができて、個人店はできなかったのでしょうか?

どうやらその理由は、売上本数にあるようです。

販売奨励金が値下げの原資

これまで、量販店で激安販売ができていた理由の一つに、メーカーから支給されていた「販売奨励金」があります。

大量の本数を売り上げると、メーカーから販売奨励金が支給される仕組みで、この販売奨励金を値下げの原資としていたようです。

しかし、6月からの安売り規制強化に向けて、この販売奨励金も徐々に減らされており、店頭価格には圧力となっているようですね。

過度な安売りには厳しい処分

改正酒税法では、過度な安売りを行う業者に対しては酒類販売免許の取り消しなどの厳しい処分を規定しています。

処分を重くすることで、採算を度外視するような過度な安売りを防止し、個人商店の酒屋さんを救う見込みです。

ビール価格は徐々に上がっている

ちなみに、既にビール価格はじわじわと上昇しています。

全国のスーパーの4月平均価格をみると、アサヒビールの「スーパードライ(350ミリリットル×6本セット)」の値段は1031円となっており、昨年12月と比較すると29円値上がりしているようです。

コンビニにも追い風

今回の改正で救われるのは個人商店ばかりではなさそうですね。

コンビニでもビール類は値下げ販売されずに、スーパーなどの量販店と比較すると若干高い値段設定がされていました。

そこに今回の改正で、値段の差が縮まれば、これまではスーパーでビールを購入していた人もコンビニで購入するようになるかもしれません。

個人消費は落ち込む?

当然、これまで買っていたものの値段が上がれば個人消費の落ち込みも考えられます。

それでもメーカー各社は今回の改正には前向きのようですね。

適正価格で販売されることで売り上げの底上げにつながると考えているようです。

最近、いろいろなものが値上げされていますが、手元に入ってくる収入は変わらない。。。

もっと住みやすい世の中になってほしいです。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280