東京メトロ銀座線で「席を譲ってほしい妊婦」と「席を譲りたい人」をマッチングするサービスの実証実験を12月に実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
銀座線アンドハンド

大日本印刷・東京メトロ・LINEの3社が共同で新しい試みの実証実験を12月に実施すると発表しました。

内容は、「席を譲ってほしい妊婦」と「席を譲りたい人」をマッチングさせるサービスとのことです。

実証実験が開催されるのは東京メトロ銀座線の指定車両の最後尾車両とのことです。

スポンサーリンク
336×280

銀座線の指定列車で実験

この実験、身体的・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人を結び付け、具体的な行動を後押しする「&HAND(アンドハンド)」構想の一環のサービスとのことです。

今ではスマホユーザーで利用していない人の方が珍しいLINEを利用した実験となります。

12月に実験開始

このサービスを利用したい方は、今後11月下旬に開設予定の「&HAND」のLINEアカウントを友達登録しておく必要があります。

実証実験車両に乗車した際に、妊婦の方が「座りたい」というメッセージを友達登録した「&HAND」のLINEアカウントに送信すると、周囲のサポーターにそのメッセージが届くという仕組み。

そのメッセージを受信した「席を譲りたい人」が自分の場所を返信することで席を譲ることができるというサービスになるようです。

この実証実験の実施日は12月11日(月)から15日(金)の1日8本の指定車両限定とのことです。

その車両にピンポイントに乗らなければいけないので、利用する人はかなり限られそうですね。

何のための優先席なのか?

私は電車に乗る際、優先席には絶対に座らないようにしていますが、最近では結構お構いなく座る方が多いですよね。

別に席を譲る必要がある方が近くにいなければ座っていてもいいんですけど、妊婦さんや高齢の方が優先席付近にいても寝たふりやスマホをいじっていて譲らない方が多い印象があります。

優先席の意味や振る舞いがしっかりと浸透されればこんな実験すらいらないのになぁ、、、と思う今日この頃です。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280