米アマゾンが「レジのない店」をシアトルにオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
amazon-go

アマゾン恐怖銘柄指数」なんて指標が生まれるほどの成長を見せているインターネットショッピングの大手・アマゾンが、レジのない店をオープンしました。

その店の名前は「Amazon Go」。

利用者はお財布無しでお買い物ができるというハイテクな店舗になっているようです。

スポンサーリンク
336×280

カメラとセンサーで監視

この「Amazon Go」という店舗はコンビニサイズのコンパクトなお店で、牛乳やパン、チーズ、チョコレートなどの飲食料品を取り扱っているそうです。

顧客は入店時に自身のAmazonアカウントを入り口で認証させることで入店が可能。

入店後は天井に付いたカメラ、棚に付いたセンサーで顧客がどの商品を取ったかを認識するという仕組みのようです。

商品を持ったまま店を出たことが確認できると、入店時に認証したAmazonアカウントに対して代金の請求を行うという高度な仕組みになっています。

正確に判定できるのなら

この「商品を持ったまま店を出たら課金」が正確に判定できるのなら、この技術が世界中に広がれば万引きなんてなくなりますね。

ただ、その場合、店舗スタッフの人数は減らされてしまうので雇用減少につながってしまいますね。。。

もしも間違って課金されていたらどうなるのか?

持ち帰っていない」ということを証明する必要があるので、難しそうですね。

顧客の消費行動を把握する目的も

amazon-go1号店

この店舗では、カメラとセンサーを用いて、顧客の行動を監視するため、個人単位で購買時の行動を把握することが可能となります。

そうなると、より効果的な商品の拡充・入れ替えということが可能になるというメリットがあるようです。

個人的には、購入するもの以外にも興味を持ったものすべてが監視されているなんてちょっと気持ち悪いですけどね。

買い物くらいもう少し自由にやりたいです(笑)

社員向けのベータプログラムとして提供

Amazon go ですが、もともとは社員向けのベータプログラムとして提供していたサービスで、2017年前半の一般向けオープンを目指していたそうです。

ところが、その計画が遅れて、1年後の2018年1月22日にようやくシアトルの1号店オープンにこぎ着けることができたようですね。

ちなみに、営業時間は平日朝7時から夜21時までで、土日は休みになります。

シアトルの店舗に行ってみようと思った方はお気を付けください(笑)

日本でも実証実験の動き

日本のコンビニでも、セブン-イレブンやファミリーマートなどの大手が商品一つ一つにつけられたRFタグを自動で読み取って、セルフレジで決算するという仕組みの導入を目指しています。

経済相は導入目標を2025年までとしていますね。

この技術を導入することで、在庫管理などの手間を減らせるというメリットがあるようです。

ただ、アマゾンのこの技術を見てしまうと、アマゾンの方が優れていますね。

日本企業も「デス・バイ・アマゾン」におびえる日が近付いてきている気がします。。。

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280