Amazonで「第1類医薬品」の販売を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
amazon第一種医薬品

Amazonが医薬品を扱う「Amazonファーマシー」で、第1類医薬品の販売が開始されました。

これまでは、副作用のリスクがあることから第1類と第2類の医薬品は対面販売のみに限られていましたが、薬事法の改正により、2014年6月12日より一定の条件を満たした店舗に限り、インターネット販売が可能となっていました。

スポンサーリンク
336×280

販売を開始したのは約80点

これまで、ロキソニンやバファリンEXなどの第1類医薬品は、薬剤師がいる時間帯に薬局に足を運ばなくては買えなかった薬です。

しかし、今回Amazonで取り扱いを開始したことで、忙しい方でも購入が可能となりました。

24時間いつでも注文が可能

やはりAmazonで薬が取り扱われたことによる最大のメリットは24時間いつでも注文できるということだと思います。

仕事で薬剤師が勤務している時間内に薬局に行けない方、家から薬局が遠いために薬を購入できない方がこのサービス開始によって救われることになりそうですね。

インターネット上でアンケートに回答

Amazonファーマシーで第1種医薬品を購入するには、インターネット上で「ご使用者状態チェック」に回答し、薬の説明についての確認を行う必要があります。

回答した「ご使用者状態チェック」はAmazonファーマシーに所属する薬剤師がチェックを行い、適正使用かどうかを判断した上で発送される仕組みとなっています。

このチェックで適正ではないと判断された場合は、注文は自動的にキャンセルされます。

日中の9時から18時の時間内であれば、Amazonファーマシーの薬剤師に問い合わせをすることも可能となっているため、わざわざ薬局に足を運ぶ必要もありません。

すぐほしい場合には不向き

最近の宅配サービスの問題で、Amazonで購入した商品が手元に届くまでには少々時間がかかることになっています。

そのため、今すぐ薬が欲しいという方には不向きなサービスとなりそうですね。

育毛剤やデリケートケア薬などの、実店舗で購入するには少々恥ずかしいような商品を購入する際などの利便性は高そうです。

いつ使うかわからないサービスですが、あらかじめAmazonでどんな薬を取り扱っているか、チェックしておいてもいいかもしれませんね。

Amazonで取り扱っている第1類医薬品

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280