弱小YouTuberを一掃するYouTubeの広告配信ルールの変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
youtubeパートナープログラム

YouTubeは4月7日に、YouToubeパートナープログラムの参加条件の一部変更を発表しました。

内容は、チャンネルの合計視聴数が1万回に満たないチャンネルには広告を配信しないというものです。

すでに対応が開始されており、再生回数が少ないチャンネルには広告が配信されなくなっています。

スポンサーリンク
336×280

クリエイターの収入を守るため

悪質なYouTuberを淘汰

視聴回数が1万回未満の動画には、広告収入目当てで他のクリエイターの人気動画や著作権を侵害する動画などを投稿するものが多いとされています。

審査期間の確保

そこで、広告配信の制限を設けることで、チャンネルの運用開始から収益化までに一定の期間が設けられるようになります。

その間に収益化の妥当性や、チャンネルがコンテンツガイドラインおよびコミュニティガイドラインに則しているか判断できるようになります。

新たな審査プロセスも

数週間以内に新規のYouToubeパートナープログラム申請者に対する審査プロセスも適用されるようです。

チャンネルの合計視聴数が1万回に達したクリエイターに対して、活動内容がポリシーに順守しているかどうか審査されます。

審査において、問題ないと判断されたチャンネルはYouToubeパートナープログラムに登録され、掲載動画に広告が表示されるようになります。

まとめ

YouTubeの動画を見る方は多いと思いますが、やっぱり広告って気になりますよね。

その広告料目当てに違反動画を上げる方も多いそうです。

今回の対応で、そういった悪質なYouTuberが一掃されますかね?

本当に高収入を目指して動画配信を頑張っている方も一緒に巻き込まれてしまいますが、何とか広告収入を得るための目標となるので、逆にやる気が出ますかね??

最近では小学生が夢で挙げるほどの職業になっているYouTuber。。。

私はヒカキンとか知っているは知っていますが、、、正直、何が面白いのか全く分からない。。。

再生回数と収入の関係

ちなみに、再生回数1回毎に0.1円の広告収入となるようです。

そのため、最低再生回数の1万回では1,000円の収入となりますね。

それまで広告が配信されないということなので、少なくとも従来より1,000円は収入が減ることになりそうですね。

YouTubeの動画配信だけで年収数千万円稼いでいる方もいるようなので、本当に当たるとすごい収入になるんですね。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280