相変わらず人気の「ニンテンドースイッチ」の本体機能バージョンアップ!動画撮影が可能に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
NintendoSwitch

公式サイトで事前予約制となってからも相変わらずの人気で、現在も品薄状態となっている「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。

そんな大人気の「ニンテンドースイッチ」の本体アップデート4.0.0の配信が本日(10月19日)スタートしました。

今回のアップデートで遂に、プレイ動画撮影が可能となりました。

スポンサーリンク
336×280

動画時間は最大30秒

今回の本体アップデートでは、プレイ動画のキャプチャーを保存することができるようになっています。

ただし、動画撮影できるのは対応している一部のソフトに限られます。

さらに、動画を撮影できる時間は、、、最大30秒という何とも言えない時間です。。。

キャプチャーボタン」を長押し

撮影方法は簡単で、ゲームをプレイ中にJoy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押し。

すると、“ピッ”という音が鳴ります。

そうなると、今のプレイから最大30秒間、過去のプレイ動画が録画されます。

斬新なのは、今から30秒ではなく、過去30秒を録画するというポイント。

そうすることで、「今のプレイを録画したかった~」というケースでも録画できるようになりますね。

HOMEメニューの「アルバム」で確認可能

保存された録画データですが、HOMEメニューの「アルバム」で確認することができます。

また、録画データは確認だけではなく、切り出しなどの編集も可能。

さらに、動画中の1シーンを静止画としても保存することができます。

さらにさらに、「アルバム」に保存されている録画データや切り取った静止画はFacebookとTwitterに投稿ができます

普段SNSを利用している方には嬉しいサービスかもしれませんね。

対象ソフトは4本

現時点で、動画撮影に対応したソフトは4本しかありません。

該当のソフトが以下です。

  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  • マリオカート8 デラックス
  • ARMS
  • スプラトゥーン2

動画自体は本体メモリに最大100本まで保存することが可能です。

別売りのmicroSDカードなら最大1,000本まで保存することが可能となるので、残量を気にせずにバンバン録画できそうですね。

ユーザーとセーブデータの引越も可能に

switch_データ移行

今回のアップデートで、これまでできなかったユーザーとセーブデータを別のスイッチ本体に移行することもできるようになりました。

これで万が一の時のデータのバックアップも可能となりましたね。

引越しは、設定 ⇒ ユーザー ⇒ 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」で可能です。

引越し可能なデータ

引越し可能なデータは以下の通りです。

  • ユーザーの設定
  • ニンテンドーアカウントとの連携
  • フレンド
  • プレイしたソフトのセーブデータ

注意しなければいけない点は、プレイしたソフトのセーブデータを引越ししてもソフトの引越はできないというところです。

引越し先の本体で、ニンテンドーeショップから無料で再ダウンロードを行う必要があります。

まとめ

今回のアップデートで動画撮影や、セーブデータの引越などSwitchをこれまで遊んでいる方には嬉しい機能が増えましたね。

一度本体を購入してしまえば、追加の出費無しで機能が増えていくゲーム機なんて一昔前では考えられませんでしたね。。。

時代は進んでいますね。

後は、引越し機能が普通に使えるようにSwitch本体の生産ペースが上がれば言うことなしですね(笑)

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280