早稲田実業・清宮がプロ志望届提出へ!複数球団の1位指名は確実!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
野球

今年は10月26日に実施されるプロ野球のドラフト会議。

そのドラフト会議の目玉となる選手、早稲田実業高校の清宮幸太郎内野手がプロ志望届を提出することを表明しました!

これまで大学進学の可能性もありましたが、これでドラフト会議での複数球団の1位指名は確実。

来年はどの球団のユニフォームに袖を通すのか、注目です。

スポンサーリンク
336×280

高校通算111本塁打の和製大砲

清宮選手と言えば、高校通算本塁打数が歴代最多とされる111本

順調に育てば、将来の日本代表の四番打者となりそうな天性の打撃センスを持っていて、どの球団も欲しい逸材です。

現在のところ、オリックス以外の球団からの1位指名の可能性が残っています。

オリックスは社会人No・1左腕の田嶋投手を指名する方向のようです。

複数球団の1位指名は確実

さすがに、11球団の1位指名はないと思いますが、複数球団の1位指名は確実だと言われていますね。

話題性・知名度もすさまじいことを考えると、獲得できれば観客動員やメディアへの露出も期待できるので観客動員に苦戦している球団は戦力以外の面でも欲しい逸材かと思います。

現在の1位指名最多は8球団

過去にいろいろなドラマを生んできたプロ野球ドラフト会議ですが、現在までの最多指名は89年野茂英雄、90年小池秀郎の8球団競合となっています。

スポーツ紙は見出しとして、過去最多指名と書きたいのでしょうけど、個人的にはそれはないかと思います。

ポジションがファースト一本ということで起用法が限定されるので、球団によってはポジションが空いていない可能性もありますし、そこまで競合するなら「外れ1位候補」を最初の指名で1本釣りすることも狙えます。

昨年のドラフト会議では、各球団が裏を読みすぎて最初の指名で田中正義投手と並んで目玉候補だった佐々木千隼投手が指名されず、史上初の「外れ1位入札5球団」という現象も起こりました。

早々に1位指名を公言して他球団を揺さぶる球団、ギリギリまで熟慮する球団と各球団の探り合いもこの時期は面白いですよね。

他の1位候補が少ない

今年のドラフト会議では、「1位候補」と呼ばれる選手が少なく、12人揃わないということも危惧されている年になります。

清宮選手以外の候補で上がるのは、高校生では広陵・中村奨成、履正社・安田尚憲、社会人ではJR東日本・田嶋大樹、ヤマハ・鈴木博志あたりと例年にない寂しさです。

そんな状況なので、リスクの大きい清宮選手の指名よりも確実に他の上位候補選手の一本釣りを狙う球団が出てきてもおかしくないですね。

マリーンズはぜひ清宮で

私が応援する千葉ロッテマリーンズですが、、、ぜひとも清宮選手で行ってほしい。

広陵・中村もいいけど、捕手は今田村が頑張っている。

チーム状況的に落合以来日本人で30本塁打を打った選手がいないという異常なほど長打力がないチームです。

観客動員も毎年毎年最下位と苦戦中。

そのため、やはり和製大砲&スター選手は是が非でもほしい。

ファーストのポジションも今年井口が引退、福浦も引退間近ということを考えると他球団よりも早く実戦デビューできる環境は整っていると思います。

育成力は正直疑問点が多いですが、何とか獲得してほしい。

将来はメジャー挑戦へ

そんな清宮選手、将来はメジャー挑戦を目指しているそうです。

ゴジラ松井以来の和製大砲メジャーリーガーは誕生しますかね?

とにかく、ドラフト会議当日が非常に楽しみです。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280