ビッグポップのキャンセル拾いに再度成功!ディズニーの予定がいい感じになってきた

ビッグポップ趣味

11月7日の1dayパスをゲットしていたディズニーランドですが、クリスマスイルミネーションが10日から始まるということで、せっかくだからクリスマスバージョンになっている時に行こうということでチケットを再取得しました。

再取得した日は前回取得日の一週間後の11月14日(土)です。

そっちのスケジュールでは結構いい感じにレストラン予約が行えました。

スポンサーリンク

チケットを取り直し

前回取得した11月7日の方では、11時台のビッグポップの予約をキャンセル拾いで取れましたが、ガストンがなかなか取れませんでした・・・

ディズニーランドのポップコーン専門店「ビッグポップ」のキャンセル拾いに成功
11月7日(土)の1デーパスポートを取得したディズニーランド。 せっかくだから新しいエリアを楽しみたいと思ったのですが、チケットゲット時にはすでに新レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」とポップコーン専門店の「ビッグポップ」が予約で...

そもそも、勉強不足でレストラン予約は一ヶ月前から開始というルールを知らず、、、

ってか、チケット販売していない日程のレストラン予約ができる時点でおかしいだろと文句を言いたいのですが、そこは大人なのでグッと我慢してキャンセル拾いしようかなぁと思っていました。

しかしその後、11月10日からクリスマス仕様のイルミネーションなどが始まると知り、「それならチケット取り直すか」と言うことで11月14日の1dayパスポートをゲットしました。

とりあえず、家族サービス用にディズニーチケット争奪戦を勝ち抜くためのツールをPythonで作ってみたところ、これが大活躍で争奪戦開始直後に難なく1dayパスをゲットすることができましたw

取り直した日の日程

そんなわけで取り直した11月14日のディズニーチケット。

同じ過ちを繰り返さないようにチケット発売日と同日の10月14日の朝10時にもしっかりとレストラン予約をゲット!

ゲットできたのはちょうどお昼のガストンと、19時台のビッグポップでした。

ガストンは時間的にちょうどいいんですが、ビッグポップが非常に微妙な時間帯。

というのも、我が家の娘(3)がポップコーンが大好きで、おそらくディズニーに行ったら夜まで我慢できずにその辺のポップコーンを買わされるw

せっかくポップコーン専門店「ビッグポップ」ができたのだから早めの時間においしいポップコーンを食べさせてあげたいという親心がありまして・・・

チケット争奪戦を勝ち抜くツール同様にPythonで「レストラン空き状況を常に監視して、予約キャンセルが出たら通知するツール」を作成!

このツールが大活躍で、無事にビッグポップのキャンセル拾いに成功しました。

何度か失敗

今回拾えたキャンセルは11時台の頭の方の予約でした。

ここまでの道のりは平坦なのものではなく、通知が来て予約しようとするとすでに誰かが取得した後だったり、混雑ページに飛ばされたり、、、ラジバンダリー。。。

4回は失敗しましたかね?w

時間が微妙でお見送りしたものもいくつかありましたが、、、

理想は10時台が拾えるのが一番良かったのですが、まぁいい感じの時間ですね。

当日のスケジュール

そんなわけで、当日の現在確定しているスケジュールはこんな感じになりました。

  • 11時:ビッグポップでポップコーン購入
  • 12時:ガストンで昼食
  • 19時:ビッグポップでお持ち帰り用のポップコーン購入

あとは13時台にショップの予約を入れて、当日のアトラクションの抽選結果次第ですね。

なんとか「美女と野獣」か「ベイマックス」、「ミニーのスマイルスタジオ」のうち最低2個は当選してほしい・・・

せめて1個は、、、

子供の七五三のお祝いと、おまけで自分の誕生日祝いで行くので、当日のくじ運もいい感じになってくれるといいんですがw

キャンセルは意外と出る

今回、キャンセル監視ツールを作ってみて感じたのが、ビッグポップのキャンセルは結構出ます。

その他のレストランも結構キャンセルが出ますね。

個人的には、毎週水曜のチケット争奪戦の後、木曜・金曜あたりにちょいちょい出る印象です。

私のように日付変えるという人がキャンセルするんですかね?

常にレストラン予約サイトと睨めっこしているのも大変かと思いますが、ちょっとでもプログラミングを齧ったことのある方なら比較的簡単に監視ツールも作れるので、やってみるのも面白いかもしれませんよ?

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました