【甲子園】花咲徳栄が広島・広陵を破って埼玉県勢初Vを達成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
高校野球

第99回全国高校野球選手権大会決勝が23日行われ、埼玉県代表の花咲徳栄高校が広島代表の広陵高校を14-4で破って埼玉県勢初の夏優勝を勝ち取りました!

埼玉代表として決勝に残ったのも93年春日部共栄以来24年ぶりでしたが、見事に、埼玉県勢悲願の初優勝を達成しました!!

スポンサーリンク
336×280

大会本塁打記録を更新した中村を封じる

今大会の注目はなんと言っても広島・広陵の強肩強打の捕手・中村選手。

清原の持つ甲子園最多本塁打記録5本を更新する6本塁打を準決勝までに放っていたので、決勝でも本塁打が出るかが注目されていましたが、花咲徳栄バッテリーが一発は封じた格好になりました。

それでも、5打数3安打ですからやはりすごいバッターですね。

16安打14得点

個人的に、夏の甲子園大会の決勝はワンサードゲームが多い印象を持っていますが、今大会でもやはり14-4と大差での決着となりましたね。

夏の甲子園決勝ってなんで大差の決着が多いのか、、、

とりあえず、両チームの選手たちはお疲れ様でした。

花咲徳栄高校の選手たち、おめでとうございます。

中村は記録尽くしの夏

ちなみに今大会で一気に全国区の有名選手となり、複数球団のドラフト1位候補となった広島広陵の中村奨成捕手は記録尽くしの大会となりました。

先に述べた通り、清原の持つ1大会の最多本塁打記録を抜き6本塁打を放って単独1位。

この決勝でも3安打を放ったことで、大会19安打となってこちらは歴代1位タイ。

そのほかにも塁打、打点で大会新記録をマークしました。

花咲徳栄が優勝したのですが、話題は中村に持っていかれてしまいそうなくらいの活躍でしたね。

ドラフトでどこに行くのか?

そんな強打の捕手・中村奨成選手は今ドラフトでどこに行きますかね?

広島カープは地元選手ということで入札しそうですが、重複指名は確実でしょうから抽選になるでしょうね。

早稲田実業の清宮はまだプロ志望届を提出するのか定かではないようですが、個人的には打つだけの清宮より【強打の捕手】中村の方が需要がありそうな気がします。

ロッテもドラフトで狙っているというニュースを見ましたし、レギュラー捕手が確立できていない日本ハム中日オリックス楽天も指名するのではないかと言われていますね。。。

ただ、捕手というと今や日本球界の課題でもあるので育成のうまい球団に行ってくれればなぁとは思います。

来春のキャンプでは中村フィーバーが起きそうですね!

ロッテファンの私としては今年の楽しみはドラフトしかありません。

ただ、育成があまりうまくない&田村が育ってきているので欲しいけど「じゃない感」もあるという複雑な気持ちです。。。

とりあえず、清宮か中村の和製大砲候補は獲得しにチャレンジはしてほしいです。

それよりも、スタートトゥデイのようなお金持ち企業に買収されることを祈ってしまっているのが現状ですが、、、

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280