人生の大半は睡眠時間、睡眠不足が身体にもたらす悪影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
睡眠

広い世界、極々稀に海外で「人生で全く寝ない人」なんて人が発見されたりしていますが、大半の人間は寝ますよね?

理想の睡眠時間は8時間なんて言われたりもしています。

それが本当に理想の睡眠時間なら、人間は人生の3分の1の時間、睡眠に使っているということになりますね。

スポンサーリンク
336×280

理想の睡眠時間は本当に8時間なのか?

「理想の睡眠時間」は8時間と言われているのですが、実はこの数字、根拠はないそうですね。

8時間寝るのは、平均して15歳くらいまでとのことです。

年齢を重ねるにつれて、必要な睡眠時間は徐々に減って、30代では平均約7時間が必要な睡眠時間となるそうです。

それでも、30代で常に30時間も寝ている人ってどれくらいいますかね?

そんなにいないような・・・

もちろん、必要な睡眠時間は性別、年齢、基礎代謝量、精神的・身体的疲労度など複合的な要素で決まってくるため、一概に「〇歳の人は〇時間」なんてことはないそうです。

睡眠不足がもたらす影響

現代では、ほとんどの方が睡眠不足だと思いますが、そんな睡眠不足が健康にどのような悪影響をもたらしているのかをまとめてみました。

記憶力の低下

研究の結果、睡眠不足の日が何日か続くと明らかに記憶力や認知能力が衰えるということがわかっているそうです。

逆に、しっかりと睡眠をとっている人は記憶力が高いそうです。

記憶を司るのは脳の海馬という部分ですが、睡眠時間が短い子供はこの海馬の体積が小さいという研究結果も出ているそう。。。

成人を対象とした研究においても、しっかりと睡眠時間を取っている人の方が記憶力は高いようです。

受験生は夜遅くまで勉強を頑張って、睡眠不足の方が多いかもしれませんが、しっかりと寝た方が記憶が定着するそうですね。

頑張り過ぎず、たまには休んだ方が却っていい結果になるかもしれません。

アルツハイマーの発生リスク増

記憶力の低下だけではなく、慢性的な睡眠不足は、将来的な認知症の発症リスクが高くなっているという研究結果もあるそうです。

これはちょっと恐ろしい研究結果ですね。

アルツハイマーになりたくなかったらしっかりとした睡眠をとることが必要みたいです。

肥満・糖尿病のリスク増

睡眠時間が短いと、「食欲を高めるグレリンが胃から多く出る一方、食欲を抑えるレプチンは減少する」という傾向があるようです。

ホルモン的な問題ですね。

食欲を高める物質が多く出るので、過食になり、肥満に繋がっていくそうです。

また、血糖値を下げるインスリンがうまく働かない、副腎皮質から出て血糖値を上げるコルチゾールが増加するといった変化も起きるそうです。

その結果、血糖値が高い状態が続き、糖尿病のリスクも増加するそうですね。

また、肥満体質で高血糖や高血圧の状態が続いていると脳卒中等のリスクも増加してきます。

後遺症などが残る可能性のある病気なので、非常に恐ろしい病気です。



「良い睡眠」で健康に

疲労感、イライラ、肩こり、頭痛に悩まされている方も多いかと思います。

そういった症状の原因には自律神経の乱れが関連しているそうで、この自律神経の乱れを整えるのに、最も効果的なのは良い睡眠をとることだそうです。

良い睡眠と言っても、人それぞれ身体の特徴や好み、睡眠スタイルがあると思います。

そこで大切なのが、寝具です。

中でもマットレスは身体に触れている部分が大きく、全体重がかかるので非常に重要な寝具。

最近ではエアウィーヴや東京西川のエアーなど、高級マットレスも人気になっていますね。

ほどほどの値段で買えるマットレスが人気

先に挙げたエアウィーヴや東京西川のエアーなどは効果もいいのでしょうが、お値段もいいです(笑)

さすがにそこまでのお金は出せないなぁという方向けに、トゥルースリーパーという商品が人気のようです。

お値段もそこそこで、2003年の発売開始からシリーズ累計400万枚を売り上げた人気のマットレスとなっているトゥルースリーパー

日本国内の低反発マットレス市場において2013年度から3年続けて売上金額No.1を達成し、お客様満足度97%という数字を記録しているそうですね。

3タイプが用意されている

先述した通り、人の理想の睡眠は体系や好みによって大きく分かれてきます。

そんなタイプに応じて、多くのユーザーにフィットするようにトゥルースリーパーも3タイプが発売されています。

  • 低反発タイプ
  • 中反発タイプ
  • 高反発タイプ

の3種類のタイプから自分の好みのもの、体系に合ったものが選べるということのようです。

これらの商品は実際にお店で試せるそうなので、興味のある方は店舗に行ってみてください。



ラッコが気持ちよさそうに寝ていますね(笑)

「寝てないアピール」はもう古い

普段、やたらと「寝てないアピール」をしてくる人がいたりしますが、前述した通り、睡眠不足は脳機能や健康状態に非常に悪影響を及ぼします。

別に「寝てない」人ってカッコよくもなんともないですよね。

そんなアピールをする人は無視して、しっかりと質のいい睡眠をとって、仕事効率も上げて健康的な身体も手に入れましょう。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280