ロイヤルホストを展開するロイヤルホールディングスが「現金支払い不可」の店舗を試験的にオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
ロイヤル

ちょっと高級なファミリーレストラン・ロイヤルホストを展開するロイヤルホールディングスが現金での支払い不可という斬新な店舗を東京都中央区に実験的にオープンするようです。

飲食後の支払いは電子マネーかクレジットカードのみとなり、店舗内にレジは置かないという形をとるとのこと。

そうすることで現金の管理という作業をなくし、人手不足という問題を解決しようという試みのようですね。

スポンサーリンク
336×280

現金を置かない店舗

今回オープンする「現金払いお断り」という店舗は、東京都中央区に11月6日にオープンするようです。

お店の名前は「THERING TABLE PANTRY(ギャザリング テーブル パントリー)」。

顧客との現金でのやり取りが必要ないために、店内にレジはなく、注文・お会計はテーブルに用意されているタブレット端末から行うというもの。

全く関係ありませんが、11月6日は私の誕生日です(笑)

電子マネーのチャージもできない

店内にないのはレジだけではなく、電子マネーのチャージ用の機械も用意されていないとのこと。

そのため、本当に店内に現金はないという状態になりそうです。

現金管理という作業がなくなるために、店員さんの作業効率も向上することが見込まれ、約40席のお店を従業員3人で回す予定のようですね。

この実験的な店舗でノウハウを蓄積し、いずれはロイヤルホストにも導入することを計画しているようです。

店内に現金がないということは・・・

店内に現金がないという、電子マネーやクレジット決済が身近になってきた象徴ともいえる新しい店舗。

どっかの統計では、電子マネー決済を利用している人はまだまだ少なくて、圧倒的に現金払いが多いとの結果を見ましたが、この店舗はどうなりますかね??

ただ、店内に現金を置かないことを徹底するようなので、強盗や従業員による現金の持ち逃げなんていう犯罪に巻き込まれる可能性は圧倒的に少なくなりますね。

その辺の警備費などを考えると逆にコストが安く済んだりして、、、

チャージできないのが難点

ただこの店舗、店内で電子マネーにチャージできないのが難点ですね。。。

電子マネーの残高を細かに覚えている方がどれくらいいるのかわかりませんが、支払いの時になって「足りない」なんてケースも出てくるかもしれません。

そのため、クレジットカードを常備しておくことは必須となりますね。

ただ、最近は電子マネーの残高を確認できるキーホルダーなども出てきているので、心配な方はそんなアイテムを常備しておくと安心できるかもしれません。

こんな可愛らしいディズニー柄のものも発売されているので、プレゼントなんかにもいいですね♪

いろいろな電子マネーやサービスが出てきて、現金を持たなくても生活できる世の中になってきています。

今後もこう言った店舗やサービスが増えてきそうですね。

そういった意味でも、価値のある実験店舗かもしれません。

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280