ソフトバンクの新規上場は12月19日に決定!史上最大の資金調達の見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
softbank

ソフトバンクグループの国内携帯電話子会社「ソフトバンク」の新規上場が認められました。

注目の上場日は12月19日に決定したようです。

今年の6月19日に東証マザーズに上場したメルカリを上回る今年最大のIPOとなる見込みになっています。

スポンサーリンク
336×280

上場市場は?

想定発行価格1500円で算出した時価総額は約7.2兆円となる想定です。

上場市場に関しては公表されていませんが、時価総額が1000億円を超えるということで東証一部への上場が見込まれますね。

ちなみに、新規上場に伴う資金調達額は、1987年のNTTを上回って過去最大となる見込みとのことです。

この上場で、ソフトバンクグループは一部のソフトバンク株を売却。

市場から最大約2兆6千億円を調達する見通しということです。

IPOは?

このソフトバンクの新規上場で気になるのはIPO。

主幹事は野村ホールディングスとなったようです。

6300億円規模の株式を引き受けるみたいですね。

大和証券グループが野村ホールディングスに続いて4500億円程度を引き受けるようです。

みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループが4000億円程度、

三菱UFJフィナンシャル・グループは3000億円超を引き受けるとのこと。

想定売り出し価格は1500円を予定しているとのことですが、

この株価が高いのか安いのか・・・

上場してからどう動くのか注目ですね。

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280