NTT(9432)が株式分割と株主優待の創設を発表!

NTT株・投資信託

NTT(日本電信電話)が株式分割と株主優待の創設を発表しました!

12月31日を基準日として、同日付の株主の所有する普通株式を1株につき2株の割合で株式分割するようです。配当金に関してはそのまま1株当たりの配当金を半分にするようで、現在の株主に対しては変更は行われないとのことです。

この株式分割で、発行済み株式数は19億5039万4470株から2倍の39億78万8940株に増えることになります。

また、株主優待として「dポイント」の配布も発表されました。

スポンサーリンク

個人投資家を取り込む

株式分割を実施する背景にあるのが、個人投資家の減少のようです。9月末日時点でNTTの株主構成のうち「個人その他」が占める比率は21%となっています。外国人投資家の比率が徐々に拡大している一方で、個人投資家の比率は数年は伸び悩みの傾向にあるとのこと。

株式分割を行うことで、株式購入にかかる最低投資金額を引き下げ、投資家層の拡大を図ることを目的とするようです。

スポンサーリンク

中長期保有で「dポイント」を配布

また、同時に発表された株主優待制度として「dポイント」の配布も決まりました。

ただ、「dポイント」を配布してもらうには中長期で株式を保有する必要があります。現在の発表では、保有期間に応じて付与されるdポイントが異なるようです。

付与対象は、3月末時点で100株以上の保有する株主となります。以下、条件です。

  • 保有期間
    • 2年目:1500ポイント
    • 5年目:3000ポイント

初回の20年3月末に限っては、

  • 2年以上、5年未満の保有で1500ポイント
  • 5年以上の保有で4500ポイント

を配布するとのことです。

この株主優待の条件だと、保有期間が2年目と5年目の時だけdポイントが付与されて、1年目・3年目・4年目・6年目以降は恩恵がないですね。。。

その分配当金は貰えますが、なんかお得感のない優待ですね。今後見直しがあるかな?

長期保有にいい銘柄

NTTは事業も安定していますし、自社株買いなど手厚い株主還元を行っている会社です。

継続的な増配も続けているので、長期保有にはいい銘柄だと思います。

今回の株式分割で最低投資額もこれまでの半分に引き下げられたのも大きいですね。NISA枠に余裕がある方など、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました