毎月分配型投資信託は本当に”買ってはいけない”投資信託なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
毎月分配型投資信託

日本では、毎月分配型投資信託が非常に人気になっています。

毎月分配型投資信託とは、その名の通り「毎月分配金が貰える投資信託」です。

「毎月少しずつお金がもらえるのなら欲しいかも」という方々が購入していて人気となっている投資商品になります。

この毎月分配金投資信託ですが、ネットで検索すると「危ない」「損をする」「買ってはいけない」としきりに叩かれていますが、本当に”買ってはいけない“投資信託なのかをちょっと考えてみました。

スポンサーリンク
336×280

毎月分配型投資信託とは

まずはこの「毎月分配型投資信託」という商品を知らないと始まらないですね。

投資信託には大きく分けて二種類のタイプがあります。

それは、分配金を支払うタイプ分配金を支払わないタイプです。

一見、「お金がもらえるのともらえないのなら、もらえる方がいいじゃん」と思ってしまいがちですが、ここが注意しなければいけないポイントです。

分配金は運用資金

この分配金ですが、お金を預けているファンドの運用資金を返却している形になります。

分配金を支払わないタイプの投資信託だと、利益をそのまま再投資として回すため運用がうまくいけば雪だるま式に資産が増えていきます。

一方、分配金を支払う投資信託はせっかく出た利益を支払わなければいけません。

そのため、資産を増やしていくことがちょっと難しくなります。

場合によっては預けたお金をそのまま分配金として返却している場合もあります。(というかほとんどそんな感じです)

そんな背景があり、毎月分配型投資信託は結構叩かれています。

買ってもいい層もいるのでは?

投資の世界では「複利運用」というものが非常に大事になってきます。

複利の力でどんどんと資金を増やしていけるのが投資の醍醐味でもありますが、毎月分配型投資信託は自らその「複利」の道を断っているようなものです。

そのため、私は「将来に向けて資産を増やしたい」と考えている方は購入しない方がいい商品だと思っています。

逆に、「資産を増やさなくてもいい人」は毎月分配型投資信託を購入してもいいのではないかな?とも思っています。

資産を増やさなくてもいい人」というのは、リタイア層の方々です。

貯蓄を切り崩すなら

年金だけで生活できていれば問題ないのですが、正直それは厳しいと思っています。

そのため、ほとんどのリタイア層の方々は現役時に貯蓄した資金を切り崩して生活をしているのかなと勝手に想像しています。

そこで、貯蓄の一部で毎月分配型投資信託を購入することで、運用しながら貯蓄を切り崩すということが可能になります。

もちろん、ろくでもない投資信託を購入してしまってはただただ減っていくだけになるかもしれませんが、それは分配金の出ないアクティブファンドに投資をしても同じことです。

それに年金は偶数月にしか支給されません。

しかし、毎月分配型投資信託なら文字通り毎月支給されます。

奇数月も収入を得られるというのは結構安心感がある気がします。

試してみた

私もちょっと、毎月分配型投資信託をスポット購入してみて本当に”損しかしない“のかを検証してみました。

今から2年ちょっと前の2015年5月29日に『SBI-グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)』という毎月分配型の投資信託を10,000円分購入してみました。

ちなみに、『SBI-グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)』の当時(購入時)の基準価格は「5,703円」でした。

10,000円分の購入なので保有数量は「17,535口」でした。

これまで受け取った分配金

初めて分配金が支払われたのが、『2015年6月17日』です。

そのため、現在ちょうど丸二年間分配金を受け取ったことになります。

一応、細かく見れた方がいいかと思うので貰った月日毎に以下に分配金を記載していきます。

※普通⇒利益から支払われた分配金、課税対象

特別⇒元本払戻金、非課税

2015年
  • 2015/06/17:367円【普通(10円) 特別(357円)】
  • 2015/07/17:300円【普通(66円) 特別(234円)】
  • 2015/08/17:316円【普通(0円) 特別(316円)】
  • 2015/09/17:263円【普通(0円) 特別(263円)】
  • 2015/10/19:263円【普通(0円) 特別(263円)】
  • 2015/11/17:263円【普通(0円) 特別(263円)】
  • 2015/12/17:210円【普通(0円) 特別(210円)】
    • 合計分配金:1,982円
2016年
  • 2016/01/18:210円【普通(0円) 特別(210円)】
  • 2016/02/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/03/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/04/18:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/05/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/06/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/07/19:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/08/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/09/20:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/10/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/11/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2016/12/19:175円【普通(0円) 特別(175円)】
    • 合計分配金:2,135円
2017年
  • 2017/01/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2017/02/17:174円【普通(8円) 特別(166円)】
  • 2017/03/17:169円【普通(29円) 特別(140円)】
  • 2017/04/17:175円【普通(0円) 特別(175円)】
  • 2017/05/17:175円【普通(2円) 特別(173円)】
  • 2017/06/19:141円【普通(141円) 特別(0円)】
    • 合計分配金:1,009円

結果

ご覧の通り、ほとんどが「元本払戻金」でした。

たまぁ~に、普通分配金が受け取れているという結果ですね。

これまで貰った分配金を合計すると「5,126円」となります。

しかも途中からは分配金が減額されるという散々たる結果、、、

に見えますが、現在のトータルリターンは意外にも「+270円」。

元本の「+2.70%」で運用できています。

まとめ

こんな検証結果から、やはり毎月分配型投資信託は資産を切り崩しながら生活をしている方には”絶対に買ってはいけない”とは言えない投資商品かなと思います。

もちろん、大原則として”全資産を投入“してはいけません

ただ、一部の資金であれば運用しながら切り崩すということが可能になる投資商品ではあると思います。

今後資産を増やしたい人は

今後、資産運用を通して資産を増やしていきたい人にはやはりおすすめできる商品ではないですね。

やはりそういう方は、ファンドの収益を分配せず再投資するタイプの投資信託を購入することをお勧めします。

注意!!

私は決して「毎月分配型投資信託が優れているから購入するべき」と言っているわけではありません。

これは、ただ一方的に「ダメだ」と言うのもどうかと思っての記事になります。

あくまで投資は自己責任でお願い致します。。。

個人的に気に入っている投信

個人的に非常に気に入っている投資信託はレオスキャピタルワークスひふみ投信です。

カンブリア宮殿に取り上げられるなど、人気の投資信託ですので興味のある方はのぞいてみてください。

新しい資産形成のひふみ投信
ひふみ投信の「自由つみたて」

年 齢:32 家 族:妻と子ども1人の3人家族 普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。 どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280