レオス・キャピタルワークスの投資信託「ひふみプラス」の基準価額が40,000円を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
ひふみ投信

レオスキャピタルワークスの大人気の投資信託【ひふみプラス】の基準価額が遂に40,000円を突破しました。

設定来騰落率は「+303.34%」となり、販売開始から投資していた方の資金は4倍になったということになりますね。

カンブリア宮殿で紹介されてから一気に純資産額を伸ばして、基準価額も伸ばした感じがします。

スポンサーリンク
336×280

米株や大型株にも投資

ひふみ投信といえば、成長が見込める日本の中小企業に投資するイメージが強いかと思いますが、最近では米株や日本の大型企業への投資も行われています。

最近の組み入れ銘柄TOP10を見てみると、

  1. マイクロソフト
  2. 共立メンテナンス
  3. 東京センチュリー
  4. あいホールディングス
  5. ルネサスエレクトロニクス
  6. 古川電気工業
  7. アマゾン・ドット・コム
  8. アマノ
  9. 兼松
  10. 九電工

となっていて、大型株の方がむしろ多い感じがします。

まぁ、お金を預けている身としては「増やしてくれれば何でもいい」のですが(笑)

各種ランキング1位の大人気投信

このひふみプラス、直近1ヵ月の基準価額を見てみると、前日比値上がりの日が14日に対して、値下がりした日が5日のみと、非常に好調に基準価額を切り上げています。

年月日 基準価額 前日比 純資産総額
2017/11/24 40,334円 +142円 372,938百万円
2017/11/22 40,192円 +240円 369,821百万円
2017/11/21 39,952円 +323円 365,624百万円
2017/11/20 39,629円 +294円 360,651百万円
2017/11/17 39,335円 +180円 355,946百万円
2017/11/16 39,155円 +501円 353,347百万円
2017/11/15 38,654円 -818円 347,448百万円
2017/11/14 39,472円 -111円 353,024百万円
2017/11/13 39,583円 -103円 352,615百万円
2017/11/10 39,686円 -39円 351,977百万円
2017/11/9 39,725円 +68円 350,827百万円
2017/11/8 39,657円 +259円 348,760百万円
2017/11/7 39,398円 +157円 343,817百万円
2017/11/6 39,241円 -157円 340,360百万円
2017/11/2 39,398円 +91円 339,464百万円
2017/11/1 39,307円 +412円 336,678百万円
2017/10/31 38,895円 +139円 331,089百万円
2017/10/30 38,756円 +354円 328,364百万円
2017/10/27 38,402円 +292円 323,868百万円

この実績だけでなく、SBI証券で確認すると、以下のランキングすべてで1位を獲得しているという人気ぶりです。

  • 販売金額(週間)
  • 販売件数(週間)
  • 積立設定金額(月間)
  • 積立設定件数(月間)
  • NISA販売金額(週間)
  • 銘柄注目度(週間)

まだまだひふみプラスの人気は続きそうですね。

つみたてNISAにも採用

ひふみプラスですが、2018年からスタートする積立投資を前提とした少額投資非課税制度「つみたてNISA」の対象となる投資信託として確定しています。

つみたてNISAはドルコスト平均法での運用を長期間運用を目的としているイメージがありますが、こうして基準価額が右肩上がりのひふみプラスはドルコスト平均法での積み立てという面においてはあまりメリットがないかもしれないですね(笑)

ひふみプラスチャート

値下がり時に多く購入できるのがドルコスト平均法のメリットですが、上記のチャートのようにほとんど値下がりがないですからね。。。

とりあえず、私も毎月積立購入しているひふみプラス、今後も順調に基準価額を切り上げていってほしいです。

購入するには

ひふみプラス楽天証券SBI証券マネックス証券などの証券口座を保有していれば購入することができます。

ひふみ投信レオス・キャピタルワークスに口座を開設する必要があるので、興味のある方は自分に合った方で投資してみてください。

確定拠出年金のみで購入可能なひふみ年金も存在しますが、すべてマザーファンドは同一となるので、どの商品に投資してもOKです。

※信託報酬が異なるのでご注意ください。

子供向けの未成年口座「くるみ」もあるので、お子様のための資産運用としても利用できます。
「くるみ」くるんで、守る。ひふみ投信のジュニア口座

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280