株主優待のメリットや権利を得るために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
株主優待
スポンサーリンク
336×280

株主優待とは?

企業から株主への贈り物

株主優待とは、株主へ対する企業からの贈り物のようなものです。

株主は当然、大事なお金を出して企業に「投資」するわけです。

そんな株主に対して「うちの株を保有してくれてありがとう」という感謝の気持ちをこめて贈られるものです。

最近では株主優待だけで生活する方がテレビや雑誌で取り上げられるなど、株主優待への関心も高まっています。

そんな世の中の情勢も手伝ってか、現在は株主優待を実施している企業は4年連続で過去最高となっています。

スポンサーリンク

企業と株主双方にメリットが

この株主優待ですが、企業側と株主側双方にメリットのある仕組みになっています。

企業側のメリット
  • 長期保有の株主を確保できる
  • 優待を設置することで新規の株主を取り込める
  • 会社側の税負担が軽くなる
  • 割引券などを発行することで、店舗を利用してもらえる
  • 魅力ある優待ならば、株価の下落を防げる
株主側のメリット
  • 配当を実施している企業なら、優待と配当の二重取りができる
  • 企業に対する理解が深まる
  • 普段利用する店舗の割引券等が貰える

株主優待が人気の企業は、権利確定日に向けて大きく株価が上昇し、権利落ち日に株価が下落するというような傾向も出る場合があります。

投資は十分に注意して行いましょう。

狙っている株主優待がある方は、それが人気の優待であれば3ヶ月前くらいを目安に株を購入しておきたいですね。

権利確定日とは

権利確定日とは、投資する企業の配当金や株主優待を受け取れる権利が確定する日のことです。

配当金、株主優待は株式を保有すればもらえるわけではありません。

配当金、株主優待は企業ごとに設定されている権利確定月の権利確定日に権利確定日に株主名簿に載らなければいけません

3月、9月が非常に多いですが、当然その他の月でも権利確定となる企業があります。

狙っている優待の権利確定月はしっかりと確認しましょう。

また、注意しなければいけないのが、この権利確定日に株式を保有していればいいわけではないという点です。

配当金、優待を取得するためには権利付き最終日に株式を保有している必要があります。

権利付き最終日とは

株式を取得してから株主名簿に載るまでには3営業日が必要となります。

基本的に権利確定日は月末になるので、月末から数えて3営業日前に株式を保有すれば配当金・株主優待を貰える権利を取得できるということです。

極端な話をすると、権利付き最終日の1日だけ株式を保有していれば配当金・株主優待がもらえるということになります。

そのため、権利落ち日には株価が下落する傾向があります。

権利落ち日とは

株主優待の権利付き最終日の翌営業日になります。

配当金や株主優待が目的の株主は権利付き最終日を過ぎたタイミングで、その権利を得たことになるため株式を売却します。

そのため、株主優待銘柄は株価が下落する傾向にあります。

「株主優待欲しいなぁ」と思って権利付き最終日付近で購入すると、優待が人気の銘柄ではすでに株価が上昇している傾向があります。

慌てて飛び乗ると、配当金+優待の利益以上の損失を被ることもありますので、取引には十分注意してください。

株主優待は日本だけの制度?

贈り物

世界では株主優待を実施している企業は多くはありません。

商品を贈る余裕があるなら、配当金を多くしろ」という考えがあったり、株主間で不公平になるという考えから基本的には実施していないのです。

ほとんど、日本独自のサービスということになります。

株式を保有しているのは個人だけではなく、投資信託などのファンドや機関投資家も大量に保有しています。

そんな大量保有している個人以外の株主にも当然、優待の権利は発生しています。

個人ではとても保有できない大量の株式を保有できるファンドなどでも優待がもらえるので不公平感が生まれるということみたいですね。

私はそんなこと、気にしたこと一度もありませんが(笑)

ちなみに、ファンドなどに届いた大量の優待品は金券類は換金されて現金にされ、分割できるものは社員内で分配するケースがほとんどのようですよ。

気になる優待銘柄がある方は、しっかりと業績を見たり、年間の株価推移を確認して、高値で掴んでしまわないように気をつけて取引してください♪

逆に、人気優待銘柄を事前に安値で購入し、権利付き最終日付近で売却すると利益を出せるかもしれませんね!

年 齢:32
家 族:妻と子ども1人の3人家族

普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。
どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280