またしても働く世代の負担増?幼児教育の無償化を狙い、「こども保険」創設を提言へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
子育て
スポンサーリンク
336×280

2020年以降の経済財政構想小委員会が提言

保育や幼児教育の負担を減らす新たな社会保険制度

自民党の小泉農林部会長ら若手議員で作る「2020年以降の経済財政構想小委員会」が教育の無償化など子育て世代の負担を軽減するため、新たに「こども保険」の創設を提言するようです。

スポンサーリンク

社会保険料に上乗せして徴収

この「こども保険」、税収は社会保険料に上乗せして徴収する予定のようです。

上乗せ分の保険料は当面、0.1%とする方針で、将来的には0.5%にして1.7兆円規模の財源を確保する予定のようです。

確保した財源で、小学校入学前の子どもを対象に幼児教育・保育の無償化を目指すそうです。

なぜ社会保険料なのか?

私も先日、子供が産まれたので、幼児教育・保育の無償化は非常にありがたいし、助かります。

しかし、それはあくまで子供が居る世帯の話です。

もし、社会保険料にこの「こども保険」の費用を上乗せして徴収するとなると、子供が居ない世帯や独身の方からも徴収することになります。

しかも利用目的が幼児教育・保育の無償化となるので、小学生の子供がいる家庭には何のメリットもない税金となります。

政府的には、「保険料を徴収して社会全体で子育て世代を支援する新たな保険制度を作ろう」という狙いのようですが、このままでは完全に保険料の負担者と給付を得る受益者とが一致しないという制度になってしまいます。

子供が欲しくてもできなくて、不妊治療の費用がないという家庭からも強制的に他の家の子供を育てる費用を徴収するという仕打ち。。。

それならもっと不妊治療とかにも費用を出せばいいのに。

そして、この制度の酷いところが、社会保険料からの徴収なのです。

「社会全体で子育て世代を支援する」と謳いながら、高齢世代からは無徴収ということになります。

高齢者からも徴収することで、高齢者の負担増となり、結果的に高齢者の反発を買って選挙の票が逃げるのを恐れたとしか思えないこの制度。

子育て世代としては非常に助かる制度ですが、もっと社会全体を見て、みんなが納得する不公平感のない方法を検討して欲しいです。

年 齢:32 家 族:妻と子ども1人の3人家族 普段、普通に生活していると聞き流してしまいそうな情報や、くだらない情報を拾っていけるためにこのブログを開設しました。 どうでもいい情報や、お金にまつわる情報なんかを勉強しながら更新していきたいと思います♪

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で



スポンサーリンク
スポンサーリンク
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280