WordPress5.0 で導入されたエディタがめちゃめちゃ使いづらいので・・・

wordpress ブログ

WordPressが5.0にメジャーバージョンアップしましたね。

私もさっそくアップグレードしたのですが、、、

新たに記事を書こうと思って投稿画面を開いたところ・・・

訳の分からんエディタに変貌を遂げていました。。。

スポンサーリンク

グーテンベルクを導入

ワードプレス5.0で導入されたエディタは「Gutenberg(グーテンベルク)」というらしいですね。

とにかく、今までのワードプレスのエディタに慣れている私には意味が分からな過ぎて・・・

全く記事が書ける気がしませんでした。。。

とりあえず、このままではイカンと私が行った対処法は・・・

元のエディタに戻す

ということです(笑)

私はとりあえず、「グーテンベルク」から逃げることにしました。。。

元のエディタに戻す方法

そんなわけで、私のようにWordPress5.0にアップデートしてしまったがためにエディタが訳の分からないことになり、

ブログを書く意志を失ってしまった方のために、元のエディタに戻す方法を記載しておきます。

以下の手順で簡単に戻すことができるので、是非とも試してみてください。

  1. ダッシュボード左の「プラグイン」をクリック
  2. 表示されたメニューから「新規追加」をクリック
  3. 検索窓に「Classic Editor」と入力して検索実行
  4. 検索結果から「Classic Editor」をインストール
  5. Classic Editor」を有効化

これだけの手順でOKです。

つまり、「Classic Editor」をインストールして有効化すればOKということですね。

これで記事を投稿する際のエディタが旧バージョンのエディタに戻ってくれます。

応急処置に過ぎないが・・・

ただし、この「Classic Editor」も2021年末でサポート終了となってしまいます。

とりあえず、「グーテンベルク」から一時的に逃げるための応急処置に過ぎないですね。

本格的に対応するには、少しずつ現実を受け入れて「グーテンベルク」に慣れていくしかないかもしれません。。。

ただ、今後のWordPressのアップデートで「グーテンベルク」がもっと劇的に使いやすくなる可能性もありますが・・・

どうなるのか、、、

落ち着いて経緯を見守りましょう。。。

この記事が気に入ったら
シェア しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました